<キャンディーネット会員契約約款>

   第1節 総則

第1条 規約の適用
・candy-netは利用者に対し以下のサービスを提供する。
  ・メールアカウントの発行、管理。
  ・ホスティングサービス。
  ・無料インターネット接続サービス(one ID)の配布代行。
・上記のうち無料インターネット接続サービス(one ID)の配布について、これはインターネットプロバイダであるライブドア((株)オンザエッヂ)の所有するサービスであり、当方とライブドアとの業務提携により利用者に提供する付加サービスである。したがって接続に関する諸問題についてはcandy-net及びライブドアは一切の責を負わない。その他one IDに関する規約はライブドア one ID規約に準ずるものとする。
・メールアカウントの発行、管理及びホスティングサービスについてはcandy-net独自のサービスであり、candy−netに契約した者(以下「契約者」という)へのサービス提供について以下の規約に準ずる。
当方、またはcandy−netに契約した者(以下「契約者」という)より、契約を継続しない旨の意思が表示されない限り、本契約は自動的に同一の条件で12ヶ月間(最低利用期間)継続することとし、その後も同様とする。

第2条 権利の譲渡制限
・契約者が当該契約に基づいてサービスの提供を受ける権利は、譲渡することはできない。
  
   第2節 申込及び承諾等

第3条 利用の申込
・candy−net利用の申込は、当方指定の様式に必要事項を記載したものを提出することにより行うものとする。

第4条 申込の承諾等
・当方は、candy−netの利用の申込があったときは、これを承諾するものとする。ただし、一申込につき一名とする。
・申込に係わるサービスの提供は、申込を受けた順とする。ただし、当方は必要と認めるときは、その順序を変更するときがある。

第5条 申込の拒絶
・当方は、次の各号に該当する場合には、candy−netの申込を承諾しないことがある。
(1)candy−netの申込者が該当申込に係わる接続サービス契約上の条件を満たさない場合。
(2)candy−netの申込者が第9条第1項各号(利用の停止)の事由に該当するとき
(3)candy−netの契約申込書に虚偽の事実を記載したとき
・前項の規定により、candy−net利用の申込を拒絶したときは、当方は申込者に対し、その旨を通知する。


 第3節 契約事項の変更等

第6条 契約者の名称の変更等
・契約者は、その氏名または名称もしくは住所または居所に変更があったときは、当方に対し、速やかにその旨を申し出なければならない。

第7条 個人の契約上の地位の引継
・契約者である個人(以下この項において「元契約者」という)が死亡したときは、当該個人に係るcandy−netの契約は、終了する。


 第4節 利用の制限、中止及び停止並びにサービスの廃止

第8条 ダイヤルアップ接続の停止
・当方は、契約者が次に掲げる事由に該当するときはcandy−netダイヤルアップ接続の利用を停止することがある。
candy−net契約上の条件を満たさない場合。
・当方は、前項の規定により、candy−netの利用を停止するときは、candy−net契約者に対し、その理由を通知する。

第9条 サービスの廃止
・当方は、都合によりcandy−netを廃止することがある。
・当方は、前項の規定によりサービスを廃止するときは、契約者に対し、事前に、その旨を通知する。


   第5節 契約の解除

第10条 当方の解除
・当方は、次に掲げる事由があるときは、candy−net契約を解除することがある。
(1)違法に、または明らかに公序良俗に反する態様においてcandy−netを利用したとき
(2)当方が提供するサービスを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様においてcandy−netを利用したとき
(3)第5条第1項3号に該当するとき
・当方は、前項の規定によりcandy−net契約を解除するときは契約者に対し、その旨を通知する。

第11条 契約者の解除
・契約者は、当方に対し、当方指定の様式に必要事項を記載したものを提出することにより行うものとする。
・この場合において当該解除の効力は当該通知があった日に生ずるものとする。
・第9条1項(サービスの廃止)の規定によりcandy−netが廃止されたときは当該停止の日に当該candy−net契約が解除されたものとする。

 
   第6節 条件等

第12条 契約者の義務
・契約者は、当方に対し、candy−netの利用に際して、以下第2項から第3項までの規定による義務を遂行するものとする。

第13条 利用不能の場合における免責
・当方の責に帰すべき事由により、candy−netが全く利用しえない状態が生じた場合においても当方は一切の責任を負わないものとする。


   第7節 雑則

第14条 損害賠償の範囲
・第1種電気通信事業者又は本邦外の電気通信事業体の責に帰すべき事由を原因として生じた利用不能状態により契約者が損害を破ったときも、当方は、当該損害を破った契約者 に対し、当方は賠償の責任を負わない。

第15条 免責
・当方は、契約者がcandy−netの利用に関して被った被害(その原因の如何を問わない)について賠償の責任を負わない。

第16条 情報の管理
・契約者は、candy−netを利用して受信し、又は送信する情報については、candy−netの設備又は装置の故障によるその消失を防止するための措置をとることとする。

(附則)2003年4月1日から適用されます。